ぎっくり腰 は急に起こると思ってたら大間違い

ぎっくり腰

あなたは ぎっくり腰 になったことはありますか?
ハッキリ言って、この世の終わりかと思うぐらいツライです。

なので、経験したことがないなら、このまま一生ないほうが確実に幸せです。

急性腰痛の代表 「 ぎっくり腰 」

急性腰痛とはその名のとおり 「いきなり痛くなる腰痛」 のことで、ぎっくり腰が代表的なものです。
重いものを持った、急にダッシュをした、長時間の運転をした、などなど、筋肉に無理な負担がかかることで損傷し、炎症を発生させます。

その後、強烈な痛みがやってきます。

それこそ、トイレに行くのも這っていくぐらい。

ちなみに、くしゃみや、せきをしたときにぎっくり腰になることもあります。

放っておいても、早ければ数週間で治ります。

でも、ここできちんと治さない、例えば安静にして腰を休めなくてはならないのに、なかなか仕事を休めずに働くなど、無理の上に無理を重ねたら、その痛みが慢性化していきます。
こうして 「急性腰痛」 から 「慢性腰痛」 になるパターンもよくあることです。

魔女の一撃

ぎっくり腰は、いきなり起きるとおもってませんか?

実際には、いきなりぎっくり腰になるのではなく、普段の姿勢や動かし方、生活習慣などによって徐々に筋肉に疲労が蓄積して、限界を超えたところでぎっくり腰になります。

その最後の一押しが重いものを持つ、ダッシュするなどの行動が伴うので、その動きや衝撃が原因で、いきなり痛くなるイメージがあります。

欧米では 「魔女の一撃」 とか 「魔女のひと刺し」 と言われますが、これも後ろから腰に、いきなり何かを突き刺されたようなイメージなんでしょうね。

急激な負担がなくても、限界をこしてしまえば筋肉は損傷します。
だから、朝起きたときや、ずーっとデスクワークをしていて、立ち上がろうとしたときなど、日常的な動作でぎっくり腰は起こります。

実はその前から痛みや不調の信号は出ているのに、気づかずに無理するというのが、ギックリ腰の一番の大きな原因です。

とにかく冷やす

ぎっくり腰になると、筋肉は細胞レベルで損傷し、炎症を起こしています。
この時、無理に動かしたり、温めたりすると炎症がどんどん広がって、症状は悪化してしまうので、対処には注意が必要です。

ギックリ腰になったときの対処は、とにかく冷やす。

ビニール袋に氷と水を入れて、できるだけ平たくすると、溶けにくく長持ちします。

冷やすと血流が悪くなるので、周辺の筋肉はさらに固まってしまいますが、そこは無視。
炎症を広げないことが、最優先です。

2~3日で炎症はおさまるので、その後は温めたり、できる範囲でストレッチなどをしながら、徐々に筋肉をゆるめてハリをとっていきましょう。

でも、一番大事なのは、ギックリ腰になるまで疲れを溜めないことと、放置しないこと。
自分のカラダの声を、しっかりと聞いてあげることが健康への第一歩です。

初回お試し 整体 4995円

24時間受付けOK オンライン予約
ご予約は 06-6809-3141

みんなにシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

バランス整体 扇町 院長。 中学生の頃に腰を痛めたのがきっかけで、「治療」に興味を持つ。 大学卒業後、デスクワーク主体の仕事で持病の腰痛が悪化する中、再び「治療」に興味を抱き、会社に勤めながら整体のスクールに通う。 2010年、会社を退職し整体師に転職。 2012年、大阪市北区にバランス整体 扇町を開院。 大阪府富田林市出身:1975年12月27日生。一児の父。