大事な5つの骨盤の役割

骨盤の役割

骨盤は人間の体の中で最も大きい骨である大腿骨と体を支える背骨の間にあり、上半身と下半身をつなぐ重要な役割を果たしています。

また、骨盤は生殖器や内臓を守る役目も果たします。
そのため、骨盤と骨格・骨盤と臓器のバランスの崩れは、全身の不調につながるのです。

骨盤は4つの骨からできている

骨盤は仙骨(せんつい)・腸骨(ちょうこつ)・恥骨(ちこつ)・坐骨(ざこつ)の4つの骨からなり、それぞれに大事な役割があります。

骨盤の真ん中にある仙骨

仙骨は背骨の下部にあたる腰椎と恥骨をつないでいます。
そして、仙骨の歪みやズレが体にさまざまな不調を与えるとされています。
仙骨がずれるとそこにつながる背骨もずれてしまい、仙骨の前にある子宮や卵巣にも影響を与えてしまうのです。

生殖器や内臓を守る腸骨

腸骨とは一般的に「腰骨(こしぼね)」とも言われています。
骨盤の中には大腸や膀胱、子宮、卵巣があり、腸骨によって守られています。

骨盤の中で最も前側に位置する恥骨

恥骨は骨盤の中で前面にあるため、自分で触って確認することができます。
妊娠や出産で恥骨のズレが生じると、痛みを伴う場合があります。
また、妊娠中に恥骨の痛みを訴える妊婦も多いです。

座るときに体を支えるのが坐骨

坐骨は骨盤の中で最も下部にあり、座ったときに座面に接している骨です。
座るときに台座としての役割があり、上半身を支えています。
坐骨を使って座るのが体に負担をかけない姿勢です。

重要な骨盤の役割

骨盤は骨格の中心にあり、骨盤の中には生殖器や内臓があることからも、骨盤がいかに重要な役割を果たしているのかがわかると思います。

では、主な骨盤の役割を確認していきましょう。

骨盤の役割① 歩行時

骨盤は、歩くときの足からの衝撃を吸収し、上半身の重さを支えています。
そして、骨盤は大腿骨の結合部に位置していて、両足と胴体をつなぐ股関節とも連動し、歩行を支えています。

骨盤の役割② 生殖器や内臓を守り、支える

先にも説明したように、骨盤の中には生殖器や内臓があります。
骨盤は生殖器や内臓を守り、下から支えているのです。
骨盤のゆがみで、内臓を支えることができなくなると、内臓は下腹部に下がってきてしまいます。
これがぽっこりおなかの原因です。

骨盤の役割③ 座るときに体を支える

座るときは坐骨を支点として支えます。
理想的な座る姿勢は、坐骨の2点で上半身を支えた姿勢です。
足を組んだり、横向きに座ったりすると坐骨の1点で体重を支えることになり、骨盤のゆがみの原因となります。

骨盤の役割④ 骨格の中心で上半身を支える

立っているとき、座っているとき、歩いているときなど、上半身を起こしているときは、常に上半身を支えなくてはいけません。
骨盤が正しい位置にないと、バランスが取れずに、体重のかかり方が内側や外側になってしまいます。これがO脚やX脚の原因です。

骨盤の役割⑤ 赤ちゃんを守る

妊娠すると、赤ちゃんの入っている子宮は大きくなります。
子宮は骨盤の中にあるので、子宮が大きくなると骨盤も開いていきます。
出産まで赤ちゃんを守り、支える役割があるのです。

初回お試し 整体 4995円

24時間受付けOK オンライン予約
ご予約は 06-6809-3141

みんなにシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

バランス整体 扇町 院長。 中学生の頃に腰を痛めたのがきっかけで、「治療」に興味を持つ。 大学卒業後、デスクワーク主体の仕事で持病の腰痛が悪化する中、再び「治療」に興味を抱き、会社に勤めながら整体のスクールに通う。 2010年、会社を退職し整体師に転職。 2012年、大阪市北区にバランス整体 扇町を開院。 大阪府富田林市出身:1975年12月27日生。一児の父。