下着の締め付け が 肩こりの原因に

下着の締め付け で肩こりに

スタイルを良く見せたいからって、サイズがあってない下着や補正下着を無理やり着けていませんか?
カラダになってない 下着の締め付け は、肩こりを招きます。


下着の締め付け が血行を悪くする

下着に限らず、身につけているもので締め付けられるということは、脂肪だけじゃなく、筋肉や血管、内臓までも締め付けるということ。

カラダを 下着の締め付け る⇒血管が圧迫⇒血行不良⇒肩こり

体を締めつけるきつい下着は、血管を圧迫し、血液の循環を悪くします。
血流が悪くなると、筋肉に乳酸などの疲労物質がたまり、これが原因でさらに血管を圧迫するために、肩こりとなります。

また下着による体の締め付けは、肩こりだけでなく、冷え症、ストレスを招きやすくなります。
さらに、深刻な状態になると自律神経失調症にも発展します。注意しましょう。

こんな下着は要注意!

男性も女性も、きつく感じる下着は要注意です。

自分の体型よりも小さめ
無理に締め付けてしまう
食事をすると締め付けられる
座るときつく感じる
息を止めないと着けれない
下着が当たる部分が痛い など

 

特に女性は、スタイルを良く見せようと締め付ける下着を着用している方もあるようですが、健康を損なってしまうこともあります。
また、ブラジャーをきつく着けると、肩こりになるだけでなく、体を圧迫して筋肉疲労や血行不順を招いて自律神経の働きを乱し、さまざまな不調を引きおこします。

それよりも正しい姿勢を維持していれば、全身の筋肉をくまなく使うので代謝もあがり、スタイルもある程度は維持できます。

無理なサイズの下着をつけるのではなく、自分に合ったサイズを選びましょう。

初回お試し 整体 4995円

24時間受付けOK オンライン予約
ご予約は 06-6809-3141

みんなにシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

バランス整体 扇町 院長。 中学生の頃に腰を痛めたのがきっかけで、「治療」に興味を持つ。 大学卒業後、デスクワーク主体の仕事で持病の腰痛が悪化する中、再び「治療」に興味を抱き、会社に勤めながら整体のスクールに通う。 2010年、会社を退職し整体師に転職。 2012年、大阪市北区にバランス整体 扇町を開院。 大阪府富田林市出身:1975年12月27日生。一児の父。