いつまでたっても やる気が出ない のは、姿勢が悪いから

やる気が出ない 姿勢

内臓が集まっている腹部は、ほとんどの動物にとって弱点です。だから常に守り続ける必要があります。
人間以外のほとんどの動物は、基本的に腹部が地面に向く姿勢がホームポジションになっていますが、これは哺乳類に限らず、鳥類や両生類、爬虫類などの脊椎動物だけでなく、魚類や昆虫などにも共通しています。

しかし、人間は四つん這いの姿勢を捨て、二足歩行を始めたことで、弱点である腹部を常に外にさらすことになってしまいました。
もちろん、腹部をさらすデメリットよりも、直立するメリットが大きかったからこのように進化してきたわけですが、ほかの動物にはない二足歩行という人間最大の特徴が、姿勢に大きな意味を持たせるようになったのです。

背中を丸めるのはどんなとき?

分かりやすいところではお腹が痛いとき。自然と背中を丸めてお腹を抱え込むようにします。

ほかにも、頭がいたいときや胸がいたいとき。
ほかにも首や肩、足や腰が痛くても、背中を丸める動き自体が痛みを生み出さない限り、背中は丸くなります。
さらに言えば、突き指しても深爪しても、背中は丸くなります。

つまり、背中が丸い姿勢は、どこかに不調がある、あるいは怪我をしているというサインです。
不調や怪我があると、何をおいて回復することを最優先にしなければなりません。

それにはまず休息を取る事です。

人間だって、まだまだ動物

人間は高度に進化して文系社会を作り上げたとはいえ、たかだか数千年の話です。
生物の進化の歴史から見ると、ほんの一瞬でしかありません。

だから、人間もまだまだ、他の動物とそんなに変わらありません。
特に本能的、生理的な領域においては、完全に動物です。
様々な生理的反応は、自然界ならどうなるのか?と考えるととても分かりやすいです。

怪我や病気があると活動を低下させる

どこかに怪我をしていたりお腹が痛かったりして、全力で戦ったり、逃げたりする事が出来ない状況で、陽気に出歩くことは自然界においては危険極まりない行動です。
弱点が詰まった腹部を無警戒にさらして歩くなど、もってのほか。
自分より大型の捕食者だけでなく、自分より小さな獣や鳥にだって襲われるかもしれません。

それを避けるため、つまりは、より長生きして子孫を残そうという生存本能のために、病気や不調、怪我があるとじっとして回復に努めます。しかし、そのときに陽気でやる気にあふれて前向きな心を持っていると、静養しないといけないにも関わらず、外に出て行ってしまいます。

そうならないために、脳が心の活動レベルを下げるという「出力」をするのです。
やる気が出ない、動きたくない、狩りも上手くいかないにちがいないと否定的な考えを持つように、脳が仕向けるのです。

そうして、じっと病気や傷を癒し、体が回復してきたという情報が脳に「入力」されると、脳は心の活動レベルを高めるという「出力」処理をします。
その結果、やる気が出てきて気持ちも前向きになっていく。
狩りもきっと上手くいくに違いないと考える、また狩りに出て行くようになれるのです。

背中を丸めた姿勢が心の活動レベルを低下させる

これは現代人類においても同じこと。
ただ一つ大きな違いがあるのは、体に不調や怪我がなくても、姿勢が崩れて背中が丸くなっている人が多くいるということです。

これまで姿勢の崩れは筋肉や神経、内臓などに影響を与え、様々な不調を引き起こすということを書いてきました
でも、それだけでなく、心にまで悪影響を及ぼしてしまうのです。

せっかく背中が伸びたはずなのに・・・

姿勢で脳を騙す

胸を張って堂々といた姿勢を作るだけで、元気が出てきます。
これに「口角を5mmあげて笑顔を作る」を組み合わせるとさらに効果は大きくなります。

学生のころにスポーツをしていた人なら「負けたときほど前を向いて胸を張れ」と言われたことがあるのではないでしょうか?

私も小中学と野球を、高校ではラグビーをしていたので、何度となく言われたことがあります。
もちろん、当時はそうすることの効果などしらなかったので、「負けて落ち込んでいるのに胸なんか張れるか!」と思っていました。

でも、胸を張って前を向くということは、元気があり心が前向きになっているときの姿勢だから、その姿勢をとることが心を元気にしてくれるのです。

初回お試し 整体 4995円

24時間受付けOK オンライン予約
ご予約は 06-6809-3141

みんなにシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

山口 和也

バランス整体 扇町 院長。 中学生の頃に腰を痛めたのがきっかけで、「治療」に興味を持つ。 大学卒業後、デスクワーク主体の仕事で持病の腰痛が悪化する中、再び「治療」に興味を抱き、会社に勤めながら整体のスクールに通う。 2010年、会社を退職し整体師に転職。 2012年、大阪市北区にバランス整体 扇町を開院。 大阪府富田林市出身:1975年12月27日生。一児の父。